R-30iB Mate PlusとオムロンCJ2のEtherNet/IP通信

R-30iB Mate PlusとオムロンCJ2(CJ2M、CJ2H、CJ1W-EIP21など)でEtherNet/IP(以下EIP)通信をするためには、少し注意が必要です。というのも、オムロンのCJ2でEIPの設定をするには「Network Configrator」というオムロンのソフトを使う必要があり、そのソフトにR-30iB Mate用のedsファイルを読込ませてもPlusとバージョン番号が違うため、はじかれてEIP通信が行えません。CJ2のEIP通信がバージョン番号チェックに厳格で真面目な性格であるともいえますが。。。

ちなみにR-30iB MateのEIPのedsファイルは、ファナックの会員サイトでお得意様会員になればダウンロード可能です。 ただ、2019/05/17現在ダウンロードできるのは「R-30iB Mate」用であり、「R-30iB Mate Plus」用とはなっていません。ファナックの担当の方に言えば「R-30iB Mate Plus」用のedsファイルをもらえますが、すぐに でも試したい場合は、自分でedsファイルを書き換えて
「R-30iB Mate」 用を「R-30iB Mate Plus」用にしてしまうことも可能です。

それでは、edsファイルの書換え方について説明します
(以下、自己責任で行ってください)

ファナックのR-30iB MateのEIPのedsファイルをテキストエディタで開きます。Windows標準のメモ帳でもかまいません。20行目あたりにある以下の数字を書き換えます。Rev2.4をRev3.1にします。

MajRev = 2;
MinRev = 4;

↓のように書き換えます。

MajRev = 3;
MinRev = 1;

書き換えたedsファイルを使って「Network Configrator」で設定を転送してください。

R-30iB Mate Plusが来た

R-30iB Mate Plusが来ました。処理速度が速いですね。あと、ティーペンの画面がきれい。

ちょっと気になった点
・初期設定用のウィザードが微妙にうざい
・プログラム作成画面がアイコンエディタだとやばい
 (慣れたら使いやすいのでしょうが)
・昔自作したカレルが動かない


ということで、プログラム作成画面を昔ながらの「標準エディタ」と「アイコンエディタ」を切替える方法についてです。


まず、画面左下のホームアイコンでメニュー画面を表示させます。

[基本設定]→[初期設定]を選択

9番目の項目にプログラムエディタを選択する画面があるので、そこで「アイコンエディタ」と「標準エディタ」を選ぶことができます。