LED照明付 カメラパッケージ LED点灯/消灯方法

前回にひきつづきカメラパッケージについてです。

LED照明付のカメラパッケージのLED点灯/消灯制御は、ロボットプログラムから「IRVLEDON」というカレル関数を呼んで行います。
次の画面のように呼出します。

第一引数の1はカメラのチャンネル番号になります。
第二引数の16はLEDの明るさで1~16を設定します。


■カレル関数の呼出し方
プログラム作成画面で[命令]→[呼出し/終了]→[プログラム呼出し]と選択します。

つづいて、画面下の[コレクション]→[カレル]→一覧から[IRVLEDON]を選択します。

「IRVLEDON(1,16)」と入力したいので引数を設定します。カーソルをIRVLEDONの後にもっていき、[選択]→[定数]→[1]を入力します。

さらに、「IRVLEDON(1)」の最後尾にカーソルをもっていき、 [選択]→[定数]→[16]を入力します。

先述した通り、第一引数はカメラのチャンネルになります。
第二引数はLEDの明るさで1~16を設定します。


LEDを消灯するときは点灯と同様にカレルの「IRVLEDOFF」を呼び出します。ただし、消灯では引数を指定しません(指定しても無視されるようです)。つまり、IRVLEDOFFを実行するとすべてのチャンネルのLEDが消灯します。指定のチャンネルのLEDだけをOFFするカレルは、現在、用意されていないようです。

詳しい説明は、B-83304JA iRVision取扱説明書(リファレンス編)に載っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です