iRVision

Thumbnail of post image 191

前回にひきつづきカメラパッケージについてです。

LED照明付のカメラパッケージのLED点灯/消灯制御は、ロボットプログラムから「IRVLEDON」というカレル関数を呼んで行います。
次の画面のように呼出します。

iRVision

Thumbnail of post image 109

FANUC 2DV Sensor カメラパッケージのレンズ交換をしようとしたら、どこをはずしてもレンズが外せずてこずりました…。

まず、ケーブル類を外します。
外したくても指が入らないのでピンセットなどで頑張る必要 ...

R-30iB Mate,R-30iB Mate Plus

Thumbnail of post image 028

写真の真ん中あたりにある、黒くて40ピンのコネクタ2つのうち、左側がCRMA15で、右側がCRMA16になります。
注意したいのはピンの並び順です。取説に書いてある図では上にA01がくるように書いてあることが多いですが、実際は ...

R-30iB Mate,R-30iB Mate Plus

Thumbnail of post image 012

シンボル版ティーチングペンダントというのをさわりました。
ボタンに日本語表記がありません。
表記が違うだけでボタンの配置は同じです。
いつものに慣れてしまっていたせいか、わかりづらく感じました。
海外向 ...

R-30iB Mate

Thumbnail of post image 074

R-30iB Mate
微妙な動きをさせたいとき、、、
例えばカメラで撮影して得た角度によって、その方向にハンドを動かしたいとか、sin、cos、tanのような三角関数の計算がしたいときがあります。

しかし ...

iRVision

Thumbnail of post image 038

前回は基準位置から離れた同じ向きのワークのズレの調整方法を紹介しました。
今回は、ワークが回転しているときにロボットハンドをワークに合わせて回転させるとズレてしまうことの対策を考えてみます。

ツールの先端を原点とす ...

iRVision

Thumbnail of post image 063

カメラで撮影して散らばっているワークを拾いに行く、なんてことは良くあるケースだと思います。ワークがある程度大きいものであれば特に気にすることはないのですが、10mm以下の小さなワークですとちょっとしたズレでワークを拾えなかったりします ...

R-30iB Mate

Thumbnail of post image 104

FANUC R-30iB Mate
ハンドの先端にチャックやバキュームがついていることはよくあると思うけれど、マクロ登録すると、そのチャックの開閉やバキュームのON/OFFをティーペンから簡単に行えるようになります。

R-30iB Mate

Thumbnail of post image 069

FANUC R-30iB Mate
ロボットコントローラについてるスタートボタンでプログラムを動かしてみたい。そう、この緑のボタンです。
そんなときは、あらかじめシステム→システム設定で
「43 リモ

R-30iB Mate

Thumbnail of post image 160

FANUC R-30iB Mate
通常は装置の一部としてロボットはPLCなど外部から「うごいていいよ~」という信号(IMSTP,HOLD,SFSPD,ENBLがオンの信号)をもらうと動けるようになるんですが、装置を組み立てる ...